Blog Posts Tagged Under: PCで勤怠

Pochikin

ブラウザで利用するクラウド型の勤怠管理システムです。

打刻時間を登録・出力するだけのWEBタイムレコーダーといったところです。
時間の集計は無料のエクセルテンプレートに貼り付けて計算します。

様々な勤務パターンに対応できるエクセルテンプレートが用意されているのがありがたいです。

GroupSession

こちらもグループウェアです。
自分でサーバーへインストールして利用します。
WindowsでもLinuxでもインストール可能です。
サーバーの知識のある方出ない限り、導入は難しいでしょう。

モバイル(スマートフォン)は有料になるので、無料はPCのみとなるようです。

無料プランに人数制限はありませんが、10人から300人が目安となっています。

R-GROUP

無料のグループウェアの機能の一部にタイムカード機能があります。

勤務日に前日・今日・翌日のステータスを付けることで、日またぎの勤務にも対応可能となっています。

画面のボタンを押すだけで打刻ができます。時間の入力などのわずらわしさがありません。何か特別な理由がある場合には、備考にメッセージを書くことで管理者とのやり取りを円滑にします。

出勤、退勤、外出、復帰の4つ状態を管理できます。一般ユーザーは備考欄で管理者にメモを伝えることができます。

ベースがグループウェアなので、個人ごとにログインして利用する方式となります。

R-GROUP
http://www.r-groupware.com/list/timecard.html

GRIDY

グループウェアの機能の一部にタイムカード機能があり、勤怠管理に利用できます。

PC版のみであれば容量・人数無制限で無料で利用可能です。Flash(Flex)で開発されているのでスマホ・タブレットでは閲覧できません。スマホ版も利用するためには有料版に切り替える必要があります。

グループウェアということもあり、個人ごとに自分のPCへログインして利用する方式となります。共有端末をタイムレコーダーとして利用する店舗には向きません。
オフィス向けの勤怠管理にご利用ください。

GRIDY
http://knowledgesuite.jp/free/index.html

Grumo

簡易グループウェアの機能の一部としてタイムカード機能が利用できます。直行・直帰やフレックスにも対応可能です。

直行直帰からフレックスまで、幅広い勤務体系に応じたタイムカードの運用が可能です。

業務報告

タイムカードで退勤した時点で、完了報告を設定しているスケジュールについては自動的に業務報告としてメール配信されます。

CSV出力

タイムカードをCSV出力することが出来ます。

Grumo
http://intro.grmo.jp/

Thetis

クラウドサービスというより、オープンソースのライブラリといったほうが良いでしょう。自分でサーバーへインストールして利用します。

Ruby on Railsで作られているようです。非エンジニアにはハードルが高いといえますが、プログラムがわかるのであればカスタマイズも可能です。

入力したタイムカードは無料クライアントアプリ ThetisCore で Excelファイルに出力できます。
けっこう導入の手間がかかるので、初心者にはお勧めいたしません。

Thetis
http://sysphonic.com/ja/thetis.html

BSタイムカード

PCブラウザで利用する勤怠管理システムです。IE6に対応している数少ない勤怠管理システムです。QRコードで打刻する機能など他にはない珍しい機能があります。

打刻のみのタイムカード機能は無料で利用できますが、給料や所得税の計算などの部分は有料になります。無料でも打刻データのCSVダウンロードは可能です。

BSタイムカード
http://time-card.net/login.htm

MSOP

オープンソースの勤怠管理システムです。
企業や行政への導入実績も多く、機能は進化し続けているようです。

用途はオフィス社員向けの勤怠管理システムに特化しております。機能は豊富で、各種申請機能に対応しています。

iBeaconの打刻も最近可能になったみたいです。iBeaconとは新しい機種のスマホに搭載されたセンサーみたいな機能です。近くを通れば認識して打刻が完了するといった具合です。

100人までは無料で利用できます。

MSOP
http://www.mosp.jp/

e勤怠

簡易なグループウェアシステムといった感じです。

タイムレコーダーで打刻するためには個人ごとにログインして利用します。
タイムレコーダーとして端末を共有して利用することはできませんので、PCを一人一台ずつ支給されているオフィスでの利用が想定される勤怠管理システムです。
タイムレコーダー機能は出社、退社のみで休憩には対応しておりません。

タイムレコーダー

10人まで、データは10MBまでは無料で利用できます。

e勤怠
http://e-kintai.com/